火災保険で雨漏りの修理ができる

火災保険といえば、火事で被害にあった時にだけしか使えないように思われている人も多いのではないでしょうか。

ですが、火災保険は突風や台風などの自然災害による被害にも使うことができます。例えば、台風で屋根が損傷し雨漏りがした場合に、その修理費用を火災保険を使うことで実質0円にすることもできます。なぜ火災保険が、雨漏りの修理費用に適用されるのかというと、「風災」・「雪災」・「ひょう災」補償というものがあるからです。「風災補償」は突風や台風豪雨などで強い風が吹き、屋根などが損傷した時に支払われ、この時の強い風とは瞬間最大風速が秒速20メートルのことをいます。

瞬間最大風速とは3秒間の平均風速の最大値のことです。「雪災」は積雪などによる被害、「ひょう災」はひょうになどによる被害のときに適用になります。この補償は、保険の基本補償とセットになっていることが多いので、火災保険に入っていれば「風災」補償も付いているはずです。この「風災」補償は、100%経年劣化による雨漏りなどには適用になりませんが、100%経年劣化と判断される割合は数%しかありません。

つまり屋根などは、何らかの形で強い風の影響を受けて損傷していることが多いということです。この経年劣化かどうかは、修理業者や保険会社が判断するのではなく、第三者の鑑定人資格を持った鑑定人が判断してくれるので公正な結果になります。もし雨漏りで困っているなら、保険の申請サポートを専門にしている屋根修理業者があるので、そこに一度相談してみるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *