雨漏りを火災保険で修理する業者の選び方

雨漏りによる被害は火災保険の適用になることがあります。

たたしこれにはそれが風害によるもの、建物の外壁などに劣化が発生していないこと、損害が発生してから3年以内に申請をすることなどが条件としては必要です。雨漏りによる損失に火災保険を適用させる場合、流れとしては業者に調査を行ってもらい、業者から保険会社に対しての調査依頼が申請されます。その後、保険会社による調査を経て認可がされれば、保険が適用された状態で修理などが開始されると言うのが一般的です。

ですから雨漏りを火災保険で修理すると言う場合、業者選びもとても重要なポイントだと言えます。まず最も望ましいのは、火災保険による雨漏りの修理歴が長い、あるいは修理経験が豊富である業者を選ぶことです。このような業者に対しては、保険会社からの信頼が厚いと言うメリットがあります。よって調査の結果、保険適用の認定が受けやすくなる傾向にあります。業者と言うと、大きなところを選んだ方が良いと思う方も多いかもしれません。

ですが規模は小さくても地元に根差していて、保険による修理を請け負った件数が多い業者と言うのも数多くありますから、規模に関わらず選ぶ姿勢が大切です。それから見積もりなどでも、どのような部分にどれくらいの費用がかかるのかを説明してくれる業者であることもポイントです。業者の中には、まとめて水のトラブルにこれくらいの費用がかかると言う説明だけで終わってしまうところも少なくありません。これでは不親切と言わざるを得ないですから、見積もりの段階からでも丁寧な、詳細な説明を行う業者を選ぶのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *