火災保険を使って雨漏り修理をしたい時の注意点

あまり知られていないようですが、雨漏りの修理には火災保険を使うことができます。

場合によっては全額補償されることもあります。もちろんどんなケースでも保険が使えるわけではありません。ではどういった条件なら補償してもらえるのでしょうか。まず加入の火災保険に風災補償がついていることが前提です。たいていの場合基本補償とセットになっていますが、お手持ちの火災保険証券などで確認しましょう。その上で豪雨、強風、突風、積雪や雹で破損した箇所がある場合、風災とみなされ、保険が効きます。しかしながら、完全に経年劣化によりぼろぼろになった屋根が雨漏りするといった場合は、残念ながら火災保険は使えません。

最大瞬間風速が20m/秒以上の強さの風によって屋根が壊れた時、風災とみなされます。それ以下の強さの風は補償対象外となります。この風災被害を受けた時から3年以内に保険申請をする必要がありますが、日本のどこの地域でも3年あれば一度は強い風が吹くでしょうから、実質この3年のしばりはあまり気にしなくても構いません。雨漏り箇所はしっかり直そうとすれば数十万の費用がかかります。

風災補償つきの火災保険に加入しているなら、ぜひ使いましょう。実際に雨漏りを見つけ、保険を申請しようという時、気を付けなければいけないことがあります。それは、保険会社ではなく屋根修理業者でもなく、まず最初に屋根調査専門業者に調査を依頼することです。屋根の調査報告書を受けてから、保険会社に保険の申請をするようにしてください。その後保険会社から依頼を受けた第三者機関の鑑定人が来て、再び屋根の調査が行われます。その結果報告をもとに保険金額が算定され、保険金が支払われます。それから屋根の修理をするようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *