火災保険で雨漏りを直せるか

雨漏りが急にしてきたときには、屋根の修理をすぐに行うことが必要です。

屋根は家を傘のように守っている大切な部分なので、屋根を直さないと、次の雨の時にも雨漏りがしてしまい、屋根の内側の部分など家の大切な構造体が傷んでしまい、家が劣化して寿命が大幅に短くなるからです。とはいっても、屋根の修理には高額な修理費用が掛かります。お金がかかるために放置してしまうこともあるのですが、早くしないと、もっとお金がかかるようになってしまうので、できるだけ早く修理をしましょう。

雨漏りがしてきたときに、風が原因になっている場合には、火災保険の風災の適用を受け、保険で直すことができます。あくまでも、風が原因になっている場合が対象なので、経年劣化による雨漏りには適用されませんが、古くて劣化している屋根の場合でも、風のせいで、めくれてしまったり、飛ばされたりして雨漏りが生じている場合には適用になるので、保険会社に連絡をして、火災保険が使えるかどうかを確認することがおすすめです。

もちろん、火災保険に加入していることや、加入しているプランの中に風災が入っていることが条件になりますので、保険内容を確認したり、分からない場合には、保険会社に連絡して確認してみることがおすすめです。雨が降って、水が滴ってきてから確認することはとても大変ですし、忘れてしまうこともあるので、時々自分の家の保険内容を確認しておくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *