雨漏りで火災保険は使えるのか

真夏のゲリラ豪雨や台風による大雨の後に雨漏りが発生していることを発見してショックを受けたことはありませんか。

修理費用がないからといって、このトラブルを放置すると、柱などの重要な構造部分や電気系統に重大な被害が及ぶ可能性があるので、トラブルを発見したら一刻も早く修理が必要です。そうは言っても、屋根全体の修繕が必要になる場合は、費用は100万円を超える場合が多いので、簡単に出せるものではありません。しかし、保険が適用されるとしたらどうでしょうか。修繕費用が保険金で賄えるかどうかについては原因次第です。火災保険は意外と幅広く損傷を補償しており、その中には火事だけではなく、風災や雪災、雷災などに被害も含まれます。

つまり、火災保険は雨漏り自体を補償するわけではありませんが、その原因が突風による雨樋や屋根瓦の損傷であった場合については保険が適用されるのです。補償の対象外となるのは、建物が古くなった経年劣化によるものです。ただし、雨漏りの場合は経年劣化以外にも台風で屋根が飛んだことや突風によって何かがぶつかって損傷を受けた可能性もあるので原因は簡単には分かりません。

自己判断で保険が使えないと思って自己負担してしまうのは非常にもったいないことです。ですので、雨漏りでは火災保険は使えないと諦めずに、専門の調査会社に調査を依頼してみることをおすすめします。いきなり保険会社に相談するのではなく、第三者の調査機関に依頼するのがおすすめです。雨漏りの修理には高額な費用が掛かる場合がありますので、諦めずに火災保険が適用できないかという点について検討するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *