水漏れの基本的な修理方法

水道管の隙間などから漏れる水漏れは、パーツの接合部であったり、蛇口の先端部分に生じるケースがあります。

前者の場合はパッキンの劣化が良くある原因ですから、交換することで簡単に修理が完了します。作業の際は元栓を閉めて、水漏れ部分を工具のプライヤーで外し、パッキンを交換して逆の手順を行えば修理できます。ケースによっては複数のパーツを外す必要がありますが、1つずつ着実に作業を行えば大丈夫です。水漏れの修理で厄介なのは、実は作業そのものよりも工具の用意やパーツの選定で、これが初心者の壁になっています。

一度分解しないと確認できないパッキンは特に、作業を面倒だと感じさせる大きな要因の1つです。業者なら工具やパーツを一式持っているので、その場で確認しながら最適な修理ができますが、水漏れに遭遇したことがない人だと工具すら持っていないものです。ハンドルの付け根に水漏れが生じている時は、ネジでハンドルを取り外し、パッキンを新しくして元に戻すだけと比較的簡単です。

パッキンを交換しても改善しない場合は、スピンドルなどのパーツの劣化が疑われます。そうなると修理の難易度は少し上がり、互換性のある交換パーツを探す手間が加わります。しかし、建物全体が老朽化しているのであれば、必要なパーツや作業の手順を覚えておいて損はないです。2回目以降は作業が大幅に楽になるので、自力で状況の改善に取り組む意思があるなら、工具を揃えて挑戦してみることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *