水漏れ修理をする前に行う漏水調査方法について

水道の蛇口から水が漏れている場合は目で見たり耳で聞いたりできますので水漏れが起きていることがわかります。

しかし、中には気がつかない間に水が漏れていることもあります。実は、この状況のほうがとても問題です。一般の人は水道代をあまり真剣になって見ることはありません。もし、どこかで水漏れが起きていても気がつかないのです。言うまでもありませんが、水漏れは「お金漏れ」と同じです。早めに原因を突き止めて修理することが大切です。水が漏れているかは水道メーターで確認することができます。おそらく水道メーターを見たことがある人は少ないでしょうが、たまには確認することも必要です。メーターにはいろいろな数字が並んでいますが、パイロットがあるのがわかるはずです。

このパイロットは水道が使われているときに動くものですが、家中の蛇口をすべて締めてこのパイロットが動くかどうかを確かめます。もし、蛇口をすべて締めているにもかかわらずパイロットが動くのであればどこかで水漏れが起きていることになります。次は水が漏れていそうな個所を一つ一つ確認していきます。水道修理にはこのような地道が作業が大切です。最初はトイレを疑うのが基本です。トイレにはタンクがありますが、そこに異常が起きていることもあります。

タンクの中を覗いたりして確認します。チョロチョロ流れていたらそこが原因です。次はお風呂のシャワーです。ここも意外に漏れの原因になりやすいところです。同じくらい気づきにくいのが洗濯機の蛇口とホースの接続口です。洗濯機は普段使っているはずですが、使うのが当然過ぎて気づきにくいのが実際です。このようにして原因を突き止めたあとは、自分で修理できるものであれば自分で修理しますし、手に負えないと感じたときは専門業者に依頼するのが基本です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *