水漏れ修理の実際を具体的に説明します

水漏れ修理を始める際に忘れてはいけないことは「元栓を閉める」ことです。

これを忘れていますと、部屋中が水浸しという悲惨な状況になってしまいます。しかし、元栓のある場所を知らない人もいます。そうした人にヒントを差し上げますと、だいたいは水道メーターの近くに設置されています。さて、「元栓を閉めた」状態ということで説明を続けますと、蛇口から水漏れを起こしている場合は、ほぼ間違いなくパッキンが原因です。パッキンが古くなっているためにそこから水が漏れているのです。ですから、交換することになりますが、最初にやるべきことはパッキンを抑えているナットを緩めることです。

この作業にはウォーターポンププライヤーを使いますと簡単に行うことができます。ナットを緩めハンドルを外した次は中に見えますコマのような形状の部品を取り出します。これをコマパッキンと言いますが、指が入りづらいうえに小さいですのでピンセットを使うのがうまいやり方です。古いコマパッキンを取ったあとに新しいパッキンを入れます。それからナットを締めて作業は完了となります。

次に、蛇口タイプの根本から水漏れを起こしたいる場合の修理方法を説明します。この場所から水が漏れている状況の場合は、ナットが緩くなっているケースとパッキンが劣化しているケースの2つの原因が考えられます。ですから、まずはナットを強めに締めてみて、それでも水が漏れている場合はパッキンを交換することになります。修理の基本は、原因を見つけることが第一です。原因が考えられることを一つ一つ潰していって原因を突き止めます。これはどの分野にも通用しますので覚えておいて損はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *