水漏れ修理に使う水道パッキンに関する知識

水道の水漏れを修理する際にはパッキンと言う部品の知識が不可欠です。

この部品は水道以外のところでも使われている部品ですが、その理由は部品と部品を接続する際にその隙間を埋めるのに最適だからです。このような目的ですので素材はゴムですが、そのことが経年劣化を引き起こす原因となっています。殊勝な種類を紹介しますと「平パッキン」「Oリング」「三角パッキン」「Uパッキン」「コマパッキン」などがありますが、それぞれに大きさで区別があります。その理由は水道管の太さが違うことがあるからです。

専門的には「呼び径」と言いますが、「13mm」と「20mm」が一般的なサイズとされており、一般家庭では「13mm」が普通です。ですが、中には特別なサイズが使われていることもあります。そうしたときのためにサイズの確かめ方を紹介します。それはパイプの直径を測定することです。具体的には蛇口のパイプが壁から出ているところの外径を定規などで測ります。

その数字が「16mm」の場合は「呼び径13mm」が適合しますし、「19mm」のときは「呼び径20mm」が適合サイズということになります。ややこしく感じる人もいますが、水漏れ修理には必要な知識ですので覚えておいて損はありません。水漏れを自分で修理する際に要する費用はこのパッキン代金と道具の代金です。もし、すでに道具を持っているのでしたらパッキン代金だけとなりますのでかなり節約することができます。100円ショップで販売していることもあるほど価格が安いからです。是非、自分で挑戦することをお勧めします.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *