浴室の混合栓の水漏れは修理業者に依頼しましょう

浴室にはお湯と水の両方を使うことができる異なる蛇口が設けてある水栓金具と混合栓と呼ぶお湯の温度調節ができる水栓金具を使っているケースが多いかと思われますが、湯船側に設置されているものは2つの蛇口がある、洗い場にあるものは混合栓などのケースも少なくありません。

混合栓はシャワーホースも接続が行われているなど、様々な用途で活用ができますが、こちらの水栓金具からの水漏れが生じたときには専門の修理業者に依頼することをおすすめします。混合栓の内部には温度調節を行うためのサーミスタと呼ぶ部品が使用されており、内部を分解すると故障の原因にもなり、水漏れ修理ができても温度調整機能が働かなくなるなどのトラブルが発生することもありますので注意が必要です。

混合栓からシャワーホースが伸びて、その先にはシャワーヘッドが付いている、このシャワーヘッドからの水漏れは修理の必要がある場合とそのまま使い続けても問題がない場合の2つがあります。蛇口を閉じてからシャワーヘッドを上側に向けたときに、水が溢れて来るものは修理が必要、溢れる水がない場合はそのまま使い続けても問題はありません。ただ、水漏れが続いてしまうのでシャワーヘッドおよびホースを交換することもできますので、必要に応じてやるべきか否かを決めると良いでしょう。尚、シャワーシステムの交換は自分で行うこともできますが、現在使用しているものと同じ仕様のものを買うためにも、取り外してお店に持ち込むと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *