水漏れを修理してもらうときの注意点

水漏れの修理を依頼するときに知っておく必要があるのが、応急処置を最初に行うことと見積もりを取った後でも断れることです。

まず、専門家を探して連絡し、家まで来てもらうまでには時間がかかります。それまで漏れが続いていると床が濡れたり家電が壊れる、勢いが激しければ水道代も高くなるなど様々な被害が出るため、水の元栓や止水栓を閉めて止めなければなりません。水が止まれば冷静に対応できるので、どこに依頼するのか検討しましょう。水漏れの修理の場合でも担当者によって対応には差があり、不要な作業をして高額の料金を請求される場合もあるので見積もりを取って比較することが重要です。

金額が安ければ最初に連絡した会社で決めても良いですが、高いと感じたときは比較が必要です。見積もりの比較をするときには、契約前に発生する料金の有無も重要になります。見積もりや出張で料金がかかる会社は適していないので、無料と記載されているところに連絡しましょう。

作業内容と料金に納得ができた会社と契約すると良いですが、軽微であれば自分で対応することもできます。パッキン交換で済むものであれば、ホームセンターで購入できるので簡単に水漏れの修理が可能です。なお、賃貸住宅の場合は水漏れの修理など、生活のトラブルに対応する会社が契約で決まっている場合があるので、大家や管理会社に連絡して確認が必要です。無断で行うとトラブルになる場合もあるので、注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *