水漏れの修理について

住宅で水漏れが発生した場合には、出来る限り速やかに対応する必要があります。

なぜなら、時間が経てば経つほど他への影響が大きくなるからです。例えば、マンションなどの集合住宅であれば下の階に水漏れした場合には多額の賠償金を支払う必要が出てきます。水漏れが起きた場合に、まずは原因を見つけることが先決です。蛇口であれば、何度きつく閉めても水が止まらない場合には、ハンドル内のパッキンの劣化やバルブカートリッジの破損などの原因が考えられます。

これらの修理方法は、部品を交換することでほぼ解決しますが、その部品が身近にあることはあまりないため、普段からストックを持っておくと良いです。ない場合には速やかに修理業者に連絡しましょう。パッキンの修理や交換は案外自分でもすることが出来ます。ドライバーと交換用のパッキンがあれば、割と簡単にすることができます。しかし、お風呂場のような壁から直接蛇口が出ているような場合に、蛇口と壁の隙間から水漏れが発生している場合があります。

この場合の原因は、壁との隙間を埋めているシールテープが劣化している可能性があります。この場合についても、自分で対応することもできるため説明します。まず、蛇口と壁をつないでいる偏心管をナットなどで外してみると、グルグル巻きになっているシールテープが劣化していることが確認できると思います。それを丁寧に剥がして、再度新しいシールテープを貼れば修理完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *